当院では、何気ない生活の中に潜んだ不調の原因となる癖や動作をあぶり出し、お客様に理解と意識を促しながら痛みと不調を取り除くお手伝いしております。

よくある症状 ~肩こり・頭痛・腰痛~

①肩こり

肩こりは日本人に多くみられる症状の一つです。欧米人に比べ日本人の背骨は細く、重い頭を支えるにはとても負担がかかると言われています。例えば長時間、猫背の状態でパソコンなどに集中して向かい合っていれば、背中はおのずと丸まってしまい、腕の可動を担う肩甲骨が背中にくっついて動かなくなってしまいます。

大きく羽のように動くはずの肩甲骨が固まって動かなくなれば、その先の腕や頭部への血流も悪くなり、周辺の筋肉まで固まってしまいます。そしていつしかパンパンに張った肩こりになってしまいます。

子供の頃、肩甲骨は羽のように背中に張り出し、自由に動いていました。大人になっても閉じたり開いたり滑らかに動く肩甲骨が理想の肩甲骨です。普段から肩を大きく回したりして肩甲骨が滑らかに動くのを意識しましょう。

②頭痛

腰痛もまた、たくさんの種類があります。背骨の間隔が狭まった脊柱管狭窄症や椎間板が飛び出す椎間板ヘルニア。腰の捻挫とも言われるギックリ腰や普段から痛い慢性腰痛、また内臓疾患から起こる腰痛もとても多いのです。しかし、どんな腰痛も柔軟な筋肉と柔軟な関節を取り戻せば大抵の腰痛の痛みは半減します。

・背骨や内臓の動きを柔軟に保つ背筋群や腹筋群
・上半身の重みとバランスを下から支える臀部から足裏に至る下半身の筋肉
・柔軟な動きで負担を分散させる股関節、膝関節、足首や足の指に至る各関節

それらをくまなくほぐして各機能の改善と血流の行き来を潤滑にすることから始まります。その後、各症状に合わせた施術を行なう事が必要だと思います。いきなり骨格のバランスを整えても早ければ10分歩けば元に戻ってしまうでしょう。

③腰痛

頭痛の多くは骨格の歪みや血流の乱れから起こると言われています。きつい場合は頭痛薬を飲んでも痛みが引かないとよく耳にします。
多くの頭痛持ちの方には、肩から首、頭部にかけて特有のハリやコリ、歪みがあります。
当院の「血活マッサージ」を行い、全身の血行を促したうえで頭痛の方に見られるそれらを取り除きます。それにより大抵の頭痛は治まります。

なるべくなら薬は飲みたくないものです。日ごろから頭部の血行不良が起きないよう、肩甲骨や首のストレッチなどをして肩や首の張りがきつくならないよう心がけましょう。